サプリメントで健康な体へ Supplement & Life 
  解説一覧
 
  成分一覧

 

 

天然・合成


サプリメントの栄養素が「天然」か「合成」かによって効果の出方は全く違うようだ。

『サプリメントは、天然成分でなければ栄養素は体内で仕事をしない、細胞にある受容体が合成物をはね除けるので、摂取したところで意味がない。これは自分自身を守る為の自己防御本能である。』
〜ワシントン大学「マイケル・マレー栄養学博士」〜

天然の栄養素であること

近年の研究でビタミンCのような化学式の単純なものは合成のサプリメントでも問題ないという事も分かってきてはいるが、分子構造の複雑なものであるほど、天然栄養素でなければ意味をなさないようだ。
しかし、実際は、多くのサプリメントメーカーが「石油」や「ブドウ糖」などの安い材料から大量に作る事ができる「合成栄養素」によって原価をおさえるという方法をとっている。

サプリメントは、「天然も合成も効果に相違はない。」というような事を言っている専門家の大先生もいたようだが、その根拠は、おおかた『化学式が同じだから』というのが理由のようだ。
(最近は、専門家の方々も勉強されたのか、「天然のほうがいい」という情報も見かけるようになってきた。)

もし貴方が、サプリメントに結果を期待するなら、天然栄養素のサプリメントを選ぶようにしよう。

天然サプリメン
本物の栄養素を凝縮した天然食品のため、大きな効果が期待できる

合成サプリメント
細胞の受容体がはね除けるので、ほとんど排泄されてしまうため、小さな効果しかない

※とうもろこしやジャガイモから作ったサプリメントを「ナチュラル成分」とか「天然由来」などの言葉でごまかしている製品も多くあるので注意しておこう。
たとえ、原料が「天然」でも、化学合成されたものは、あくまで「合成品」で、天然栄養素のサプリメントとは言えない。

  天然サプリメント 合成サプリメント
外観 見た目が「まだら」でざらざら 綺麗な見た目で中は白っぽい
におい 栄養素のにおい においは少ない
大きさ 一般的に大きい 一般的には小さい

また、中にはたとえ天然成分でもいい加減な業者が販売している製品は、粗悪品の可能性があるため要注意。

HOME|LINK